ソフトバンクモバイル、モバイル向け「高速オンラインゲーム」を12月3日から提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイル(孫 正義社長)は、ストレスなくより快適に対戦型のオンラインゲームが楽しめる「高速オンラインゲーム」を、2007年12月3日(月)から提供する。

 「高速オンラインゲーム」は、新たに別の通信方式(TCP/IP)を採用することによって、通信対戦型ゲームのレスポンスがより高速化する「S!アプリ」となる。これまで課題だった対戦相手のキャラクターなどの動きがコマ切れする点や、飛んでしまうといった点が解消されて、ストレスなく快適に対戦型のオンラインゲームを楽しめるようになる。

 タイトルとして、カジュアルゲームから本格3Dゲームまで幅広く取り揃えた。「対戦☆ボンバーマン+」「対戦ぷよぷよ通」「メテオスオンラインモバイル」「遊ぼ!ハワイアンリバーシ島フレンズ」「遊ぼ!歌舞伎町麻雀島フレンズ」を当初から、また「機動戦士ガンダムネットバトル」「遊ぼ!お花の大富豪島フレンズ」を2008年2月以降に提供する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加