ソニー、「サイバーショット DSC-G1」のソフトウェアアップグレードを提供--写真を地図上に表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月23日、4月6日に発売した「サイバーショット DSC-G1」のソフトウェアアップグレードを、同日より2008年4月23日までの期間限定で行うと発表した。

 ソフトウェアアップグレードによって、DSC-G1内蔵の無線LAN(Wi-Fi)と位置を推定するサービス「PlaceEngine」を使用し、撮影した写真に自動的に緯度・経度情報を記録する。旅行などで撮影した自分の写真を、地図上に表示して視覚的に楽しめるようになる。

 世界地図を使用するには、インターネットに接続できる環境が必要。オンライン地図および航空写真は、Google Mapsより提供される。

 また、付属の画像管理ソフトウェア「Picture Motion Browser」を使用すれば、PCに保存した画像を月別、日別、時間別にカレンダー表示したり、撮影地域別に写真を分類・管理することも可能。地図情報共有サイト「PetaMap」を使用すれば、自分のお気に入りの場所を他ユーザーと共有できる。

 さらに、動画ビューワー機能も向上し、撮影した動画の変速早送りやスキップ、途中再生などの操作が可能になるほか、未再生の映像や新しい映像に「NEW」マークが入るようになり、インデックス表示がさらに見やすくなる。縦横比16:9の映像への対応も行う。

DSC-G1 2008年4月23日までの期間限定でソフトウェアアップグレードが行われる、ソニー「DSC-G1」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加