HDMIの対応機能が明確に--HDMIロゴ使用のガイドラインを発表

加納恵(編集部)2007年10月17日 18時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映像、音声のインターフェース規格HDMIの標準化を進める「HDMIライセンシング」は、HDMIの対応機能を明確化させるため、対応機器へのロゴ使用に関するガイドラインを発表した。

 HDMIは、色再現力や伝送スピードなど、HDMIインターフェースだからこそ行える機能を数多く有している。しかし多機能であるがゆえに、搭載機器の対応範囲が見えにくかったことも事実だ。

 今回のガイドラインはHDMIの機能をより効果的にユーザーへとアピールするため策定されたもの。今後HDMI搭載機器には、「HDMI/バージョン/機能名」が表示される。

 対応機能の表記により、機能を明確化したことに加え、用語を統一し、同一機能なのに名称が異なるなどの混乱を避けていく、としている。

 またHDMIライセシングでは、現在のHDMIの市場動向をまとめた。

 それによると2007年10月の時点で、HDMI採用企業は全世界で725社を数え、予想を上回る成長と続けているとのこと。

 搭載製品は薄型テレビを筆頭にDVD製品、セットトップボックス、ゲーム機などのAV機器が大半を占める。しかしPC製品への導入も積極的に進んでおり、今後高い成長率が期待されるとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加