au秋冬ケータイラインアップ--2.8インチ有機ELディスプレイでワンセグをよりキレイに

坂本純子(編集部)2007年10月16日 14時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒がくっきり、色のあざやかさが特徴の有機ELディスプレイ 黒がくっきり、色のあざやかさが特徴の有機ELディスプレイ

 KDDIは10月23日、auの新ケータイ秋冬モデル8製品を発表した。11月中旬ごろから順次発売していくという。

 今回の端末の目玉の1つが、世界初という2.8インチQVGA有機EL液晶を搭載したワンセグモデルだ。いずれもサムスンSDI製の有機ELディスプレイを起用している。「ケータイワンセグも、テレビと同じように、大型化から高画質にこだわった」という。

 有機ELディスプレイ搭載のワンセグモデルは、KCP+搭載のハイエンドモデルケータイW56T(東芝製)、W54S(ソニーエリクソン製)、14.2mmのスリムなWoooケータイW53H(日立製)の3つ。本日発表されてたものではないが、IFOBAR2も有機ELディスプレイを起用している。15.4mmのスリムケータイW53K(京セラ製)とW54SA(三洋電機製)は液晶ディスプレイモデルだ。

 KDDIが大々的に打ち出す今回のau秋モデルの特徴は、au×sonyのコラボレーション「MUSIC PROJECT」による音楽サービスの強化だ。ソニーの音楽管理ソフト「SonicStage」をベースとして開発した新たな統合ソフト「LISMO Port」により、ケータイでダウンロードした着うたフルの曲をウォークマンで聞くこともできるようになる。

今回発表された端末は下記のとおり。

“2007年秋冬モデルラインアップ 2007年秋冬モデルラインアップ
・W56T(東芝製)

ワンセグ対応の大画面有機ELディスプレイ搭載。オーディオ機器連携にも対応。KCP+搭載のハイエンドモデル。

・W54S(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)

ワンセグ対応の有機ELディスプレイ搭載。オーディオ機器連携にも対応。KCP+搭載のハイエンドモデル。

・Woooケータイ W53H(日立製作所製)

ワンセグ対応の有機ELディスプレイ搭載。14.2mmのスリムボディ。

・W54SA(三洋電機製)

ワンセグ対応の3インチワイドVGA液晶搭載。オーディオ機器連携にも対応。KCP+搭載のハイエンドモデル。

・W53K(京セラ製)

ワンセグ対応の液晶搭載。15.4mmのスリムワンセグモデル。

・W55T(東芝製)

9.9mmの超薄型モデル。

・A5529T(東芝製)

大きなキーや大画面液晶など6つの「でか」を搭載。

・簡単ケータイ A1407PT(パンテック&キュリテル製)

音を振動で伝える骨伝導スピーカー搭載。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加