スパム:画像が減少するも、テキストとHTMLが活発化--シマンテック調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは10月9日、「シマンテック月例スパムレポート」10月号を発表した。発表によると、9月のSMTP層における全送信メッセージの中の迷惑メール(スパム)の割合が70%に達した。なお、全スパムにおける画像スパムが占める割合は7%となり、8月の10%よりさらに減少している。

 その一方でテキストとHTMLベースの攻撃が活発化している。その手法には、スパム攻撃者からの求人メールや、誰もが知っている企業ブランドに関連付けて、再利用したURLを文中に含める手法が確認された。GeocitiesのURLを利用したスパムが多様化したほか、JavaScriptによってURLを難読化させる手法、eBayから配信されたように偽る中国製電気製品スパムなども発見されている。

 さらに、米国の住宅市場の悪化を利用するスパムが目立った。具体的には、市場の悪化や金利の引き下げに関するニュースを利用する手法が多かった。レポートではまた、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)地域特有のスパムの具体例も紹介されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加