ニフティ、プロフィールサービス「アバウトミー」を他社アカウントでも利用可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは10月3日、同社の運営するプロフィールサービス「アバウトミー」ベータ版が、他社の提供する認証APIサービスやOpenIDに対応したと発表した。

 対応開始時点で利用可能なアカウントはライブドアの「livedoor ID」、はてなの「はてなID」、paperboy&co.の「JugemKey」、シックス・アパートの「TypeKey」、OpenID.ne.jpやlivedoor Authで利用されている「OpenID」となっており、今後もアカウントの対応を拡張するとしている。

 今回の対応により、@nifty会員だけでなく、より多くのユーザーが現在利用しているアカウントを使ってアバウトミーを利用することができるようになった。

 ニフティでは、アバウトミーを@niftyのサービスの共通プロフィールとして展開し、連携を強化していく予定。また、他社サービスやメディアとの連携を図り、ネット上の各ソーシャルサービスのプロフィールサービスを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加