パンドラの箱からの挑戦:音楽流通の新たな流れを作れるか - (page 2)

文:Candace Lombardi 翻訳校正:吉井美有2007年10月03日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

―あなたは「中産階級ミュージシャン」を作りたいという話をしていますね。そのような概念は、中世文学の授業を取ったとき以来聞いていません。その時代には、土地の音楽家にお金を払って人々はエンターテインメントを得ていました。現在ではどういう形になるのでしょうか。

 今いる大部分のミュージシャンは、ワーキングプアです。多くの時間を音楽を演奏して過ごし・・・旅をしてクラブを回り・・・稼いだお金は楽器に費やしていて、基本的に飢えています。彼らはみな大手レコード会社の注意を引こうとしていますが、これは伝統的にそれが彼らがキャリアを形成するだけの人数の人に露出する唯一の手段だったからです。

―Pandoraがレコード会社がMusic Genome Projectに新しいCDを加えるために受け取っているお金は、毎年約6000ドルに過ぎないというのは本当ですか。

 それが、大手レコード会社とその子会社から毎年受け取っているお金の総額です。6000ドルです。

 歴史的に、ミュージシャンは大失敗するか大成功するかのどちらかでした。選ばれるか選ばれないかです。レコード会社の後押しなしに成功するアーティストは本当にわずかです。彼らは、狂ったようにライブをやり、本当のファンを開拓しています。

 Dave Matthewsがそのいい例でしょう。彼らはツアーで生計を得ており、その後レコード会社に拾われました。彼らの草の根ファンが十分大きかったからです。

 2階層のシステムになっているのは、ミュージシャンとして自分をプロモーションする手段がないからです。ラジオで紹介されません。

―あなたは音楽業界が「3本脚のスツール」であり、Pandoraが3本目の脚を提供できるという話をしていますね。

 われわれと他の会社がです。3本の脚は、制作と配給と宣伝です。伝統的に、レコード会社との契約では、彼らから多くのお金を借り、彼らがそれらの3つの面倒を見る、つまりCDを録音し、それを店舗に配給し、ラジオや宣材の空いたところに露出させるのです。

 しかし、今は基本的に無料で手に入るデジタル録音ソフトウェアで、ミュージシャンは世界レベルの音質のCDをタダ同然で作れるようになりました。また、今ではオンラインウェブサイトを通じて、わずかな年会費で音楽を世界中に配布することができます。多くの会社がありますが、CD Babyがおそらくネット上で一番でしょう。35ドル払えば、彼らは1ダースの物理的なCDを焼き、小さなアルバムのアイコンを作り、30秒の音楽サンプルを作り、望むなら小さなプロフィールを載せ、それをあらゆるオンライン小売店から販売できます。

―そして3つめの要素は?

 3つめの要素が最も難しい、宣伝の段階です。iTunesに載るだけでは十分ではありません。そこにPandoraの役割があると考えています。あるミュージシャンが全く知られていなくても、その音楽がどういうものであるかをわれわれが知っており、音楽分析をすれば、その音楽を楽しんでくれそうな人たちに聞いてもらえるのです。われわれが十分大きくなれば、そのミュージシャンを支援できるだけの大きな聴衆を集められます。多くのバンドにとっては、10万人のファンは大きな数になるはずです。われわれならおそらく10万人を集めることは可能でしょう。

―あるミュージシャンが一年間に4万ドルを稼ぐには、アルバムや曲をどれだけ売ればいいのですか?ファンは何人必要ですか?

 それはいい質問ですね、多くの要素があります。アルバムや曲を買ってくれる人・・・ライブに演奏を聴きに来てくれる人、これは今後ますますミュージシャンの重要な収入源になってくるでしょう・・・インターネットラジオ局で局がかかるたびに得られる著作権使用料に、バンドがTシャツを作っていればそのグッズ代。ファンがアーティストに収入をもたらす方法はいくつもあります。

 どれだけの規模の聴衆がいればいいかという質問に対する答えは持っていません。もし賭けをするならば・・・今いったようなことをする5万人のファンがいればいいというところでしょうか。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]