イー・レヴォリューションとタカラトミー、「ツンデレ」な低価格ワンセグ端末を発売

エースラッシュ2007年09月20日 21時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・レヴォリューションとタカラトミーは9月20日、「ツンデレボイス機能」を搭載したワンセグテレビ「SEGNITY」を9月28日に発売すると発表した。

 今回発売されるSEGNITYは、2.7型カラー液晶を搭載したワンセグ視聴端末だ。電源はUSBのほか、単4乾電池4本でも動作可能だ。オリジナルの画像を表示したり、音声ナビゲーションにオリジナル音声を使用するなど、ユーザーが自分好みにカスタマイズできるのが特徴で、カスタマイズは専用カスタムソフトで行う。

 音声ナビゲーション用には標準でツンデレボイス機能が搭載されている。SEGNITYは使い込むことでユーザーと機器の親密度が上がる機能があり、11種類の操作にそれぞれ3つのステップが用意されている。その初期ステップでは、チャンネルを変えると「チャンネル変える気 !?」など愛想の悪いボイスが再生され、使い込むことで親しみのあるボイスに変化していく。これによって機器が擬人化し、ユーザーにより親しみを感じさせることで、遊び感覚で利用できる端末となっている。

 本体カラーはブラックとクールグレイの2種類。価格はオープン価格だが、実勢価格は1万2800円から1万4800円程度となっている。専用カスタムソフトは10月28日よりダウンロード配布により提供される予定だ。

SEGNITY ツンデレボイス機能を内蔵したワンセグテレビ「SEGNITY」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加