日本エフ・セキュア、個人向けセキュリティ製品最新版のダウンロード販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エフ・セキュアは9月18日、個人向けセキュリティ製品の最新版となる「F-Secureインターネットセキュリティ2008」のダウンロード販売を同日から開始したと発表した。

 F-Secureインターネットセキュリティは、Windows端末でウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォール、侵入防止、ペアレンタル・コントロール、迷惑メール(スパム)対策、フィッシング対策を提供する統合セキュリティソフト。

 個人や小規模オフィスでの使用を想定しているF-Secureインターネットセキュリティ2008では、前版よりも消費メモリ削減による処理速度の向上、ペアレンタルコントロール機能の強化、フィッシング対策の強化、設定の最小化による操作性の向上、IPv6対応(Windows Vistaのみ)などの機能強化が行われている。

 価格はダウンロード版が5775円、インストールCD付のパッケージ版が6720円で、1ライセンスで3台のPCまでインストールすることができる。パッケージ版の販売は9月末を予定している。また、前版の「F-Secureインターネットセキュリティ2007」ユーザーは無償でアップグレードが可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加