もう難しいなんて言わせません!「iLife '08」バトンレビュー--第2回iMovie '08編

礒村 浩一 (Isopy)2007年09月05日 21時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple
内容:アップルは8月7日、新型iMacとともにマルチメディアアプリケーションソフト「iLife '08」を発表した。大きな進化を遂げたiLife '08を、アップルファンであり、得意分野を持つ3名の執筆陣による3回の連載でお届けする。第2回の今回は、フォトグラファーのISOPYこと礒村浩一氏による「iMovie '08」レビューだ。

新しいiMovieできました

 アップルのマルチメディアアプリケーションソフト「iLife」が「iLife'08」へとバージョンアップした。この「iLife」はMacを購入するとプリインストールされており、誰でも簡単にクリエイティブな作品をつくることができると大変人気のあるソフトだ。そのなかでもビデオ編集ソフトiMovie'08は今回のバージョンアップにおいて大きな変化があった。そこで実際にムービー作品を作りながら、iMovie'08を体験してみた。

 iMovie'08を起動してまず驚くのは、「iLife'06」までの「iMovie HD」とはまったく異なるデザインとなっていることだ。iMovie HDでは画面右側にビデオカメラから読み込んだクリップが並び、左側に大きくプレビュー画面、その下にクリップを並べてプロジェクトを作成するようになっていた。しかしiMovie'08では画面が横半分上下に分けられている。

  • 従来のiMovie HDの画面

  • iMovie'08の画面。大幅なレイアウト変更は操作系の一新によるもの。イベントのクリップがフィルムストリップのようにならんでいるので、イベント全体を俯瞰的に見通すことができる。イベントライブラリとプロジェクトライブラリの配置は交換することも可能


>>「iLife '08」はどう進化したか?バトンレビュー--第1回iPhoto '08編 はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加