logo

フォトレポート:地上望遠鏡でも鮮明な天体画像を--米英の科学者が開発した新技術 - 2/5

CNET News.com Staff2007年09月05日 14時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2万5000光年の彼方にある大球状星団M13。上は従来の画像で、下はLucky Imaging技術を利用した画像。カリフォルニア工科大学とケンブリッジ大学の科学者たちが、地上望遠鏡向けにこの技術を開発した。彼らはこの技術を利用する方が、宇宙望遠鏡を使うよりも安価で利便性も高いと主張する。
Scroll Right Scroll Left

 2万5000光年の彼方にある大球状星団M13。上は従来の画像で、下はLucky Imaging技術を利用した画像。カリフォルニア工科大学とケンブリッジ大学の科学者たちが、地上望遠鏡向けにこの技術を開発した。彼らはこの技術を利用する方が、宇宙望遠鏡を使うよりも安価で利便性も高いと主張する。

提供:ケンブリッジ大学

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]