logo

「iLife '08」はどう進化したか?バトンレビュー--第1回iPhoto '08編 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple
内容:アップルは8月7日、新型iMacとともにマルチメディアアプリケーションソフト「iLife '08」を発表した。大きな進化を遂げたiLife '08を、アップルファンであり、得意分野を持つ3名の執筆陣による3回の連載でお届けする。第1回は、Macintosh系の書籍や雑誌、“自称路上写真家”として活躍する大谷和利氏による「iPhoto '08」レビューだ。

新たに設けられたイベントとは?

 iPhotoでは、扱える写真の枚数が5桁にも達していたため、それらの写真をすべてサムネール表示してしまうと、ライブラリから目的の写真を探す際のアクセス性が低下する傾向にあった。もちろん、データを吸い上げるたびにアルバムとしてきちんと分類していれば良いわけだが、つい放っておくと、後からの整理が大変だったわけだ。

  • とりあえず目印を付ける「フラグ」や、アルバム内で一時的に非表示状態にする「隠す」などの仮属性が付加でき、写真の選択や分類はさらに容易になった。ここではすべて表示させているが、実際には「隠す」を指定した写真にその場で「×」印が付き、瞬時に非表示状態となる

 新たに設けられたイベントとは、撮影日ごとに自動区分された写真のまとまりを意味している。設定により、撮影間隔が2時間もしくは8時間空いた場合や、週ごとのまとまりにすることも可能であり、自動的な区分に加えて、マニュアル操作での分割や統合もできる。

 イベントごとに複数枚の写真を管理し、その内容をシンボリックに表すキー写真をイベントフォルダのサムネールとして割り当てることで、写真ライブラリははるかに管理しやすくなった。また、キー写真の上でマウスポインタを滑らせると、そこに含まれるサムネールが順次表示されるため、イベント内容のブラウズも簡単に行える点が特に便利だ。

  • 検索機能も充実し、写真にキーワードととして付加した単語が、検索メニューのプリセット項目としてワンクリックで選択可能となった。これは「自転車」のキーワードで検索をかけた結果の表示画面

 同じく、大量の写真に対するアクセス性を高め、アルバムや印刷のための写真選択を容易にする工夫として、任意の写真を非表示にするモードが追加され、検索機能も強化された。

 キーワード表示モードにすると、個々のイメージに対するキーワード入力を写真直下のスペースに直接行えるほか、検索語を入力する際のプリセット項目にも自動的に付加される。

>>「もう難しいなんて言わせません!「iLife '08」バトンレビュー--第2回iMovie '08編」はこちらから

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]