「iLife '08」はどう進化したか?バトンレビュー--第1回iPhoto '08編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple
内容:アップルは8月7日、新型iMacとともにマルチメディアアプリケーションソフト「iLife '08」を発表した。大きな進化を遂げたiLife '08を、アップルファンであり、得意分野を持つ3名の執筆陣による3回の連載でお届けする。第1回は、Macintosh系の書籍や雑誌、“自称路上写真家”として活躍する大谷和利氏による「iPhoto '08」レビューだ。

iPhotoはどう進化したか?

 iTunesは別として、iLifeの中で一般的なユーザーの使用頻度が最も高いと思われるiPhoto。このソフトは、大量の写真のサムネールを自由に拡大縮小できるブラウズ機能や、並べ替えなどのアレンジが柔軟に行えるアルバム機能、あるいはフォトブックなどが簡単に作れるプリントサービスとの連携機能などにより、カジュアルなMacユーザーの間で標準的な写真管理ツールとしての地位を確立してきた。

 前バージョンのiPhoto '06は2006年1月にリリースされており、本来は、今年1月にメジャーバージョンアップを受けてiPhoto '07となるはずだった。しかし、アップル社がiPhoneの開発に注力するという理由から、次期Mac OS Xなどとともに発表時期が先送りとなり、8月7日にiLife '08の一部としてiPhoto '08の名称で登場したのだ。

  • iPhotoにおける写真管理の基本となる「ライブラリ」は、従来からの「写真」(時系列に沿ったサムネイル一覧表示)のほか、撮影日から自動分類されたまとまりを表示する「イベント」が加わった

 実際のところ新バージョンは、待っただけのことはあると思わせる進化を遂げている。アップル社は、新型iMacとiLife '08+iWork '08の組合せを、既存のMacユーザーに対してはもちろんのこと、Windowsからの潜在的スイッチャーに対して大きな魅力を持つと考えており、中でもiPhoto '08は、その核となるアプリケーションだと言ってよい。

 まず、一目でわかる'06との違いは、メインの写真ライブラリ画面の基本表示を、サムネールの一括時系列表示からイベント単位でのフォルダ表示へと置き換えたことだ。

>>「もう難しいなんて言わせません!「iLife '08」バトンレビュー--第2回iMovie '08編」はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加