logo

ブラビア第3幕は“極上画質”--ソニー、70型含む大型15機種を発表

加納恵(編集部)2007年08月29日 19時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは液晶テレビ「ブラビア」に、40型から70型までの大画面サイズ、6シリーズ全15機種を発表した。全機種1920×1080ドットのパネルを採用したフルHDモデルとなるほか、毎秒120コマの倍速駆動に撮像ボケを低減する「Motionflow」の採用、通常の赤外線リモコンに加え、2.4GHzの無線通信により、テーブルに置いたままでも操作できる「おき楽リモコン」の同梱などが特長だ。

鹿野取締役と福田テレビ事業本部長 2.4GHzの無線通信を採用した「おき楽リモコン」を手に。ソニーマーケティング取締役執行役員常務の鹿野清氏(左)とソニーテレビ事業本部長福田隆志氏(右)

 また、ブラビアリモコンのみで対応機器との連携操作が可能になる「ブラビアリンク」、DLNA対応機器によるホームネットワーク「ソニールームリンク」、「アクトビラ」といった、連携、ネットワーク機能もフル装備。V3000シリーズ以外のモデルでは、アクトビラの動画配信サービス「アクトビラビデオ」にも対応する。

Xシリーズ

 ブラビア最上位シリーズとなる「X」シリーズには、トップエンドモデルとなる「X7000」、ハイエンドモデルの「X5000」、ピアノブラック仕上げを施した「X5050」の3シリーズをラインアップ。70型を登場させたX7000シリーズでは、LEDバックライトシステム「トリルミナス」を搭載するなど、高画質技術を凝縮させた。70型のみ受注生産品となる。

 「X5000/X5050」シリーズでは、バックライト技術をトリルミナスから「ライブカラークリエーション」に変更。画面周りのベゼルにアクリルパーツを組み合わせた独自のフローティングデザインを採用するほか、X5000シリーズでは、ホワイト、ブルー、レッド、ブラウン、シルバー、ブラックの6色からカラーオーダーが行える。

  • KDL-70X7000(70型、11月20日発売、予想実勢価格:400万円前後)
  • KDL-52X5050(52型、9月20日発売、予想実勢価格:60万円前後)
  • KDL-46X5050(46型、9月20日発売、予想実勢価格:50万円前後)
  • KDL-40X5050(40型、9月20日発売、予想実勢価格:38万円前後)
  • KDL-52X5000(52型、9月20日発売、予想実勢価格:58万円前後)
  • KDL-46X5000(46型、9月20日発売、予想実勢価格:48万円前後)
  • KDL-40X5000(40型、9月20日発売、予想実勢価格:36万円前後)
KDL-70X7000、KDL-52X5050 KDL-70X7000(左)とKDL-52X5000のブルータイプ(右)

Wシリーズ

 新たに登場した「W5000」シリーズでは、Xシリーズと同等の機能を内蔵し、フレームにヘアライン仕上げを施したアートフレームデザインを採用。アナログ・デジタルダブルチューナー、ソニールームリンク機能などXシリーズ同様の機能を持つ。

  • KDL-52W5000(52型、11月20日発売、予想実勢価格:55万円前後)
  • KDL-46W5000(46型、11月20日発売、予想実勢価格:45万円前後)
  • KDL-40W5000(40型、11月20日発売、予想実勢価格:33万円前後)

Vシリーズ

 「Vシリーズ」には、Motionflow機能を省き、映像エンジン部に「ブラビアエンジンEX」を採用したV5000シリーズと従来のシンプルリモコンを採用したスタンダードモデルのV3000シリーズの2ラインを発表した。ソニールームリンク機能、アプリキャストといったネット機能はそのまま採用されている。

  • KDL-52V5000(52型、9月20日発売、予想実勢価格:51万円前後)
  • KDL-46V5000(46型、9月20日発売、予想実勢価格:41万円前後)
  • KDL-40V5000(40型、9月20日発売、予想実勢価格:29万円前後)
  • KDL-46V3000(46型、9月20日発売、予想実勢価格:40万円前後)
  • KDL-40V3000(40型、9月20日発売、予想実勢価格:27万円前後)
KDL-52W5000、KDL-52V5000 KDL-52V5000(左)とKDL-52W5000(右)
 

-PR-企画特集