ヤフー、フォートラベルを持ち分法適用会社に--カカクコムから株式取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「旅行のクチコミサイト フォートラベル」を運営するフォートラベルと、ヤフーは8月28日、資本・業務提携を行うことで合意した。

 今回の提携で、ヤフーはフォートラベルの発行済み株式の16.5%にあたる3471株を同社の筆頭株主であるカカクコムから6億1089万6000円で取得し、フォートラベルを持分法適用会社とする。取引後のフォートラベルの株主構成は、カカクコムが73.7%、ヤフーが16.5%、フォートラベル役員・従業員が9.8%となる。

 事業面でヤフーは、「Yahoo!トラベル」においてフォートラベルの旅行に関連したCGMコンテンツを活用したサービスを展開して同サイトのソーシャルメディア化を図り、既存の観光地情報や旅行商品の予約販売と合わせて、総合旅行サイトとしてサービスの向上に努める。

 フォートラベルは、ヤフーのアド・ネットワークに参加し、ヤフーと相互に利用者を誘導しあうことで、両社の広告事業の収益拡大を図る。また、ヤフーが提供するサービスツールの活用で、より質の高いサービスを効率的に開発・提供するとともに、ビジネス展開の迅速化を図るとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加