logo

オシャレをまとったヨコモーション-- DoCoMo F904i

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NTTドコモ
内容:DoCoMo2.0という新しい広告展開のフラッグシップモデルとしてリリースされた904iシリーズは、DoCoMoのハイエンド端末らしい新しさとじっくりと感じられる熟成、というこれまでの路線を踏襲している。そんな中で魅力的な端末の1つとしてオススメしたいのがこのF904iだ。ヨコモーションという男性をくすぐる可動型のガジェットから女性にも訴求できるオシャレ端末への進化を見ていこう。

champagne、名は体を表す

  • F904i champagne金属のような高級感ある加工はインパクトがある

 ヨコモーションを特徴として富士通からリリースされた初めての端末はF903i。ここからF903iX HIGH-SPEEDという3Gハイスピード対応モデルをリリースした。そしてヨコモーション3台目としてリリースされたのがF904iである。用意されているカラーはnoir(黒)、blanche(白)、champagne(シャンパンゴールド)、bordeaux(ワインレッド)の4色。ちょうどチョコレートとワイン・シャンパンのカラーが2色といったラインアップだ。

 今回レビューで拝見したのはchampagne。これまでも富士通からはシャンパンゴールドの端末がリリースされていたが、今回の端末の質感はこれまでに見たこともない高いものだ。構造上、端末のヒンジに近い部分は分厚い可動部があり、溝が付いて端末の上端はディスプレイの厚みに落ち着く。この厚い部分がサイクロイド構造を採用したりやこれまでのヨコモーションのネックになっていた。

  • 象眼のように四角いカメラはAF対応320万画素CMOS

  • 背面液晶とLEDも首長は控えめでエレガントな光

  • F904i noirこちらはシンプルでビジネスシーンにもフィットする

 しかしF904iではこの厚い部分の塗装がすごい。金属蒸着仕上げを施しているそうだ。よく見るとヘアライン加工までしてあり、光を反射するその姿には高級感が漂う。この金属のようなふたの縁にはLEDが仕込まれており、エレガントな光が漏れてくる。そのままディスプレイ背面に目を移すと、こじんまりとした視認性の高いサブ液晶が並ぶ。

 このディスプレイの背面も凝っている。champagneというカラーネームを再現するように、細かいラメが吹き付けられているのだ。金属のおしゃれな光とは違った、可愛らしいキラキラとした反射を楽しむことができる。このラメは赤外線ポートの窓にまで吹き付けられているから手が込んでいる。こうした細かいデザインや演出の作り込みは、F904iを手に取る直前から感じることができる。そんなケータイに触れたことがあっただろうか。

-PR-企画特集