1kg以下のワンセグ搭載UMPC--工人舎「KOHJINSHA SH」シリーズ - (page 5)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
工人舎
内容:工人舎から、超小型PCのSHシリーズが発売された。工人舎といえば小型で安価なSAシリーズが評判だが、今回はインテルのUMPC向けプラットフォームを採用、Windows Vistaを搭載して登場した。1kgを切る重さや最低構成で10万円を切る価格、画面を反転できるコンパーチブルデザインはSAシリーズそのままに、タッチパネルやワンセグ受信機能の搭載など、機能面でも進化している。

Windows Vistaを搭載するUMPC

 すでに登場している同じプラットフォームを搭載した富士通のLOOX Uは、CPUの動作クロックはSHシリーズよりも高速な800MHzを採用しているにもかかわらずWindows XPを搭載しているが、このSHシリーズは600MHzのCPUながらWindows Vistaを搭載する。10万円を切る仕様の「SH6WB04A」ではメモリが512Mバイトで、クラスもhome Basicだが、Windows Vistaの動作は少しもたつく印象がある。

 Windows Vistaで利用するなら、せめて1Gバイトのメモリを搭載してほしいところで、その場合は2万円高くなるが1Gバイトメモリ搭載モデル「SH6WP10A」なども選択できる。その場合はOSはWindows Vista Home Premiumが搭載される。

  • ウェルカムセンターを表示させた

  • システムの状態を表示。エクスペリエンスインデックスは1.8

  • ハードウェアの状態を表示。HDDは2.5インチタイプを搭載する

キーボードが選択のポイントに

 Intel Ultra Mobile Platform 2007を搭載する小型PCとしては、富士通のLOOX Uと比較することになるSHシリーズだが、SHシリーズのほうが画面やキーボードが一回り大きく、扱いやすい場面も増えてくるだろう。

 しかし、実際の使い勝手は単純な大きさだけで良し悪しが決まることはないので、できれば実機に触れることが望ましい。キーボードや本体の操作性が自分に合うなら、価格も手ごろで持ち運びしやすい最良の機種となる。

 SHシリーズは上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ベスト電器、ヨドバシカメラで販売され、店頭での展示も期待できる。気になる場合はぜひ実機に触れてみてほしい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]