logo

バイアコム 携帯向けSNS、MTVブランド活用

FujiSankei Business i.2007年08月02日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通信や放送事業などを展開するバイアコム インターナショナル ジャパン(東京都渋谷区)は1日、会員制のウェブサービスである携帯電話向け国内SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を、同日から無料で開始したと発表した。

 サービスを始めた「myMTV」(http://mymtv.jp)は、バイアコムグループで世界的に展開する元祖音楽専門チャンネル「MTV」を活用したのが特徴で同社グループとして初の試み。ユーザーは、myMTVのトップページから無料の会員登録をすることで、サービスを利用できる。

 myMTVには、若者文化を発信してきたMTVに出演している多くのミュージシャンが参加。HIP-HOPミュージシャンのKREVAさん、次世代ロックバンドのRIZEなどが決まっている。ユーザーは参加ミュージシャンを友達登録しておくと、自動的にミュージシャンが発信する日記や動画コメントなどを受け取ることができ、音楽界の“生"の情報に接することができるのがウリだ。

 また画面を2分割し、1つの画面で動画を再生しながら、もう一方の画面でウェブ検索を行うことが可能。同様の機能は携帯電話のアプリケーションとしては初という。

 参加するKREVAさんは、都内で行われた記者会見に駆けつけ「MTVの番組の裏側やプライベートの情報なども載せたい」とmyMTVからの発信について話した。

 会見したピーター・ブラード社長は「最先端の携帯エンターテインメントが行われている日本で、先行して展開する」と説明。企業からの広告掲載や他の自社ウェブと連携を取って有料サービスを利用してもらうことなどで採算をとる。獲得会員目標などの事業計画は明らかにしていない。日本でノウハウを得て、将来は世界的にSNS事業を進めることも視野に入れている。

KREVAさん(右)と浦浜アリサさん 記者発表にゲスト参加したミュージシャンのKREVAさん(右)とMCを務めたモデルの浦浜アリサさん=1日、東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテル

-PR-企画特集