logo

グーグル製品管理担当バイスプレジデント、広告戦略を語る - (page 2)

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年08月01日 13時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、Googleは何社かのテレビ広告主とも提携しており、最大の提携先はEchoStarだ、とWojcicki氏は語った。

 また同氏は、現在Googleは、メディアの種類に合わせてウェブベースの自動広告システムを用意しているが、最終的には、「広告主がメディアを決定しやすいようにプラットフォームを統一」することを目標としている、と語った。

 それぞれのメディアでは、広告の宣伝効果が測定できるようになっている。Wojcicki氏によると、例えばテレビの場合、広告主は、視聴者がいつチャンネルを変えたか、また視聴者がいつテレビを見始め、あるいは見終えたかを把握できる。

 Wojcicki氏は、「広告業界は大きく変わりつつある」とした上で、次のように続けた。「オンライン広告市場には、より多くの資金が流れてきている。(同市場では)それらの創造的フォーマットが何かという点に関して、(他の広告市場に比べて)多くの説明責任があり、(広告効果の)測定能力にも優れ、選択肢も豊富になっている(中略)そしてGoogleには、同市場で重要な役割を果たすチャンスがある」

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]