logo

MSのオジー氏、「クラウド」型インターネットサービスの今後を語る - (page 2)

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月27日 13時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次のレイヤである「Live Platform Services」は主に消費者を対象としたサービスを集めたもので、ユーザー名やパスワードの検証といった主に消費者用サービスや、ソーシャルネットワーキングサービスなどの各種コミュニケーション用ツールを集めたもの。Microsoftの「AdCenter」用の広告サービスソフトウェアもこのサービススイートの一部になる。

 Ozzie氏によると、Microsoftは、消費者が「Xbox」ゲーム機、PC、デジタル音楽プレーヤー「Zune」、電話機などのデバイスからオンラインサービスを利用できるように、インフラを設計したという。

 同氏はまた、Microsoftが社内のデータセンターから取得したネット上における消費者の行動を分析し、より正確に検索広告のターゲットを絞れることも加えた。

 法人顧客向けにMicrosoftが打ち立てている戦略は、顧客がパッケージ型ソフトウェアと、Microsoftによるホステッドサービス(電子メールのアウトソーシングなどがその一例)、パートナー企業によるホステッドサービスのなかから好きなものを選択できるようにしようというもの。

 企業は、Microsoftが提供するユーティリティコンピューティング型のサービスを利用することもできる。この場合、企業は急激な需要の増加に備えて、計算能力や記憶容量を借りることができるようになると、Ozzie氏は述べる。

 Ozzie氏は具体的な製品の発表については明言を避けたが、自身のゴールは、社内のすべてのソフトウェア開発者に対し、すべての自社製品を対象におオンラインサービスコンポーネントを追加するように奨励することだと述べた。

 同氏は、「従来からあるソフトウェア製品でサービスを利用可能にすることが、サービス分野における最大のチャンス」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]