logo

ngi子会社、ブラウザから「Second Life」にアクセス可能な技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ngi groupは7月17日、同社の連結子会社である3Diが、仮想世界「Second Life」にブラウザからアクセスできる技術を開発したと発表した。

 今回開発された技術は、専用のクライアントソフトウェアを起動させることなしに、PCやモバイルのブラウザからSecond Lifeにログインし、アクセスすることを可能にするもの。

 ログインしている場所の地図情報や座標軸、マイフレンド、マイグループ、インベントリーといったアバターの定性情報の表示機能や、他のアバターとのメッセンジャーやチャットによるコミュニケーション機能など、Second Life上の機能をブラウザから利用できる。

 これにより、Second Life内に限定されていた情報発信やコミュニケーションが、PCやモバイルのブラウザで行うことができるようになったとしている。

 3Diでは今後、同技術の自社でのサービス化と他社への販売を行う予定。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]