グーグル、「Google Apps」をNPOに開放

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月13日 18時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間7月12日、米国内で「Google Apps」の教育機関向けバージョンをNPOに向けて開放することを発表した。501c3分類下で登録しているNPOは、Google Apps教育機関向けバージョンを利用および実装できる。教育機関向けバージョンは、利用ユーザー数は無制限で、無償で電話サポートを受けられるほか、API統合、電子メールマイグレーション(既存の電子メールボックスからGoogle Apps版Gmailにデータを転送する)などのサービスを提供している。

 Googleは同日午後、カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoogleキャンパスでこの発表を行った。Googleキャンパスには、Mercy Corps、Idealist.org、NTEN、East Bay Community Recovery ProjectなどのNPOが集まり、Google Apps採用計画を発表した。

 Googleはこのところ公共機関に向けたプログラムを拡充しており、「Google Grants」「Google Earth Outreach」などを発表している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加