レノボ、ThinkPad「X61」、「X61s」通信モジュール搭載モデルを発表--KDDIの「CDMA 1X WIN」通信機能を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは7月10日、KDDIが提供する「CDMA 1X WIN対応通信モジュール」を内蔵したノートPC「ThinkPad X61」および同「X61s」通信モジュール搭載モデルを、7月11日より販売すると発表した。

 ThinkPad X61およびX61s通信モジュール搭載モデルは、B5サイズ本体に、12.1V型TFT液晶を搭載している。ThinkPad X61は、インテルCore2 Duo T7300(2.0Gヘルツ)、ハードディスク160Gバイトを搭載し、税込み価格は24万6750円。一方のThinkPad X61sは、インテルCore2 Duo L7300(1.40Gヘルツ)、ハードディスク80Gバイトを搭載して、税込価格が22万5750円となっている。

 KDDIのCDMA 1X WIN対応通信モジュール内蔵により、auネットワークエリアで、下り最大2.4 Mbps(ベストエフォート方式)のブロードバンドモバイル通信が可能。オンライン サインアップ システムにより、ノートPCからの操作のみで、au回線利用の申込みがでる。

 通信機能は、CDMA 1X WIN対応通信モジュールに加え、インテルのワイヤレスLAN(インテル Wireless WiFi Link 3945ABG)を実装。さらに、ギガビット・イーサネット、Bluetooth、モデムを実装している。

 セキュリティー機能は、「Client Security Solution」や指紋センサーを搭載している。加えて、32ビットのHDDパスワード保護やI/Oポート無効化機能を搭載。USBポート、IEEE1394などのシステムの任意のポートを無効化できるので、外部への情報の流出を遮断しながら、パスワード保護機能によって外部からの不正アクセスをシャットアウトできるとしている。

 なお、KDDIは、7月18日より20日にかけて東京ビッグサイトで開催される、「ワイヤレスジャパン2007」のKDDIブースにて、当モデルの展示およびデモを行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加