スピルバーグ監督がEAが共同制作するゲームとは--内容の一部が明らかに

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年07月10日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Steven Spielberg監督とElectronic Arts(EA)がビデオゲームを共同制作するプロジェクトについて、一部の情報が初めて明かされた。

 Newsweekによると、著名な映画監督であるSteven Spielberg氏は現在、「積み木ゲーム『Jenga』と子供向けアニメを巧みに融合させた」ゲームに取り組んでおり、そのコード名は「PQRS」(アルファベットを順に並べてある)だという。

 任天堂の人気ゲーム機「Wii」でプレイするゲームで、Wiiコントローラーでブロックを動かすためのエンジンを備えているという。

 2本目のゲームは、Microsoftの「Xbox 360」とソニーの「PLAYSTATION 3」向けで、開発コード名は「LMNO」(やはりアルファベットを順に並べた名称)で、Newsweekは「『北北西に進路を取れ』と『E.T.』が出会ったような--もしE.T.が女性で、大人になったとしたら、いや、すごい」と記している。

 LMNOはシークレットエージェントのゲームで、Spielberg監督はNewsweekに「難しいのは、自らゲームを操るプレーヤーに対し、ゲームが情緒的な影響力を及ぼすことができるのかという点だ」と話した。

 Spielberg氏は3本目のゲームにも取り組んでいるが、現在のところ情報は得られていない。

 3本のゲームはすべてEAのロサンゼルススタジオで製作が進められている。EAに浴びせられてきた、フランチャイズゲームの製作ばかりに力を入れオリジナルタイトルに力が入っていないという批判の解決に向けた長い道のりを踏破するものになるかもしれない。その批判が正当なものかどうかは置くとして、Spielberg氏のゲームがヒットすれば、誰もそんなことは言わなくなるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加