logo

フォトレポート:セキュリティを担う--ヤフーのチーム「パラノイド」

CNET News.com Staff2007年07月10日 21時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Chief Paranoid Yahoo」の肩書きを持つArturo Bejar氏は、セキュリティ業務の中核となる専従チームを率いる。チームのメンバーは「Paranoid」と呼ばれている。「セキュリティ担当者と話すということに対し、多くの人が先入観を持っている。だが、Paranoidと話すなら、感じ方は違ってくる」と話すBejar氏は、この名前を8年前に思いついた。形式ばらないこと、または少なくとも形式ばらない印象を与えることが、Yahooにとっては特に重要になる。というのも、Yahooが目指すのは、デジタル時代のセキュリティ標準策定の最前線にいる企業の中で、消費者にとって最も親しみやすい企業になることだからだ。
Scroll Right Scroll Left

 「Chief Paranoid Yahoo」の肩書きを持つArturo Bejar氏は、セキュリティ業務の中核となる専従チームを率いる。チームのメンバーは「Paranoid」と呼ばれている。「セキュリティ担当者と話すということに対し、多くの人が先入観を持っている。だが、Paranoidと話すなら、感じ方は違ってくる」と話すBejar氏は、この名前を8年前に思いついた。形式ばらないこと、または少なくとも形式ばらない印象を与えることが、Yahooにとっては特に重要になる。というのも、Yahooが目指すのは、デジタル時代のセキュリティ標準策定の最前線にいる企業の中で、消費者にとって最も親しみやすい企業になることだからだ。

提供:Joris Evers/CNET News.com

 「Chief Paranoid Yahoo」の肩書きを持つArturo Bejar氏は、セキュリティ業務の中核となる専従チームを率いる。チームのメンバーは「Paranoid」と呼ばれている。「セキュリティ担当者と話すということに対し、多くの人が先入観を持っている。だが、Paranoidと話すなら、感じ方は違ってくる」と話すBejar氏は、この名前を8年前に思いついた。形式ばらないこと、または少なくとも形式ばらない印象を与えることが、Yahooにとっては特に重要になる。というのも、Yahooが目指すのは、デジタル時代のセキュリティ標準策定の最前線にいる企業の中で、消費者にとって最も親しみやすい企業になることだからだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]