オーシャンブリッジ、CAD図面・文書を安全に共有できる「ProjectDox」販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーシャンブリッジは7月5日、米Avolve Softwareの開発したセキュアコラボレーションシステムの最新版「ProjectDox 6.0 SR6」の販売を開始した。ウェブサイトで無料体験デモの申し込みを受け付ける。

 ProjectDoxは、CAD図面・文書管理システムをベースとしたセキュアコラボレーションシステム。登録されたファイルはサーバ上で軽量な表示用データ(CDL)に変換され、クライアントPCに提供されるという独自のアーキテクチャを採用しているため、CADなどの特別なソフトウェアがなくても、ウェブブラウザ上で稼働する高速ビューワ「Brava!」により快適にファイルを閲覧することができるという。

 また、このアーキテクチャで、ユーザーごとに「表示のみ許可」「印刷も許可」「生データダウンロード(持ち出し)も許可」といった、きめ細かなセキュリティ設定が可能。データを持ち出す際にも、閲覧期限設定や機密箇所マスキングなどのセキュリティをファイルに埋め込むことができる。

 このほか、ビューワ上でファイルに対してコメントや変更指示などを書き込むマークアップ機能や、掲示板機能、メール通知機能、ページ単位での全文検索機能、ファイル操作履歴管理機能なども実装している。

 最新版では、バージョンの異なる2つのファイルを重ねて変更箇所に色を付けて表示できる「ファイル比較機能」が搭載されたほか、LDAP(Active Directoryなど)にも対応し、シングルサインオンも可能になった。

 オーシャンブリッジでは、2008年3月末までに、40社への導入を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加