logo

OSJ、iPodへのオープンソースOS導入代行サービスを開始--iPodLinuxとROCKbox

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース・ジャパン(OSJ)は6月28日、第5世代および第5.5世代のiPodユーザーを対象に、オープンソースOSのインストール代行サービスを7月1日から開始すると発表した。価格は1万4700円(送料は送付時ユーザー負担、返却時OSJ負担)で、楽天市場OSJオンラインOSJウェブサイトで販売する。

 今回開始したサービスは、iPodに「iPodLinux」および「ROCKbox」の2つのオープンソースOSを組み込むことで、標準のApple OSとあわせてトリプルブート環境を実現する導入代行サービス。

 iPodLinuxは、iPod上でLinuxを利用できるOS。音楽プレーヤーやゲームなども豊富に揃っており、新たなアプリケーションを開発して使用することも可能。

 一方、ROCKboxは、音楽再生に重点をおいたOSで、iTunesで取り込んだ楽曲ファイルをそのまま利用でき、音質を改善したファームウェアを搭載して、細かな音質を設定することができるという。

 また、新規のiPod購入者向けに、iPodLinuxとROCKboxをプレインストールしたiPod 30Gバイトおよび80Gバイトモデルを販売する。価格は30Gバイトが4万2000円、80Gバイトが5万5650円となっている。また、好みの画像をバックに表示するオプションサービスを1050円で提供する。

 あわせて、ハイエンドのオーディオファン向けに、米MSB Technologyが発売しているS/PDIFとAES/EBUのデジタル出力でDAC(デジタルアナログコンバータ)に接続できるようにiPodを改造した「iMSB-Link」に、OSJがROCKboxからのデジタル出力対応設定をしたバージョンの環境をインストールして販売する。価格は32万5500円。

-PR-企画特集