アップル、「Mac OS X」のアップデートをリリース--IPv6の脆弱性にも対処

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年06月21日 09時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月20日、新しいセキュリティアップデートを含む「Mac OS X 10.4.10」を公開した。新バージョンの10.4.10では、BluetoothやUSB接続機能の修正に加え、複数の機能の簡単な強化も施されている。毎月のようにリリースされているセキュリティアップデートは、2007年に入って今回で6回目となる。同アップデートはまた、ネットワークプロトコルIPv6の脆弱性にも対処している。アップデートの対象ははMac OS X 10.4以降のユーザーで、Mac OS Xの「Software Update」機能を経由して入手するか、「Apple Downloads」からダウンロードすることができる。

IPv6プロトコル仕様の脆弱性

 IPv6プロトコル仕様の脆弱性を修正するパッチはMac OS X v10.4.xのユーザーが対象。Common Vulnerabilities and Exposuresで識別番号を「CVE-2007-2242」とされている脆弱性に対処する。この脆弱性が悪用されると、リモートからDoS(サービス拒否)攻撃を仕掛けられてしまう恐れがある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加