logo

AT&T、映画会社と共同で違法ファイル共有監視へ

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年06月15日 17時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Los Angeles Times紙が6月14日付けで報じたところによると、ハリウッドの映画会社は、違法ファイル共有対策で米国大手ISPの1社であるAT&Tを味方につけたようだ。

 AT&Tと映画会社は、共同で違法コピー対策技術を開発する。この技術により、許可なしに映画やTV番組をダウンロードするユーザーを特定できる、と同紙は報じている。

 この動きに対しプライバシー団体は、大手電話会社であるAT&Tが強力なインターネットの監視者になるのではないかという懸念を表している。

 Los Angeles Times紙によると、デジタル権利擁護団体のPublic Knowledgeでプレジデントを務めるGigi Sohn氏は、「AT&Tは著作権警察のように振舞うつもりだ。そしてこれは顧客を不快にさせるだろう」と述べているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集