logo

アップル認定:iPodを操作できるシャツ「grooveRider」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクシーズクインは6月14日、モバイル収納ツールブランド「URBAN TOOL」でiPodが操作できるシャツ「grooveRider」を、6月15日から発売すると発表。国内公式サイト「urbantool.jp」と、URBAN TOOLコンセプトショップ「Nor・bu ling・kha(ノルブリンカ)」にて販売する。

 grooveRiderは、ポケットの中のiPodとシャツをコネクターボックスでつなぎ、ファブリックインターフェースから直接iPod操作ができるシャツ。シャツとiPodはシャツのファブリックワイヤーとコネクターボックスでつながれ、内側にはiPodとヘッドフォンのためにケーブルルートがある。

商品写真 grooveRider

 アップルの「Made for iPod」プログラムに認定されており、ファブリックインターフェースを通して、オン・オフやトラックコントロール、ボリュームコントロールが可能となる。

 シャツからiPodを操作するには、まず、iPod用ストレッチポケットにiPodを入れ、30ピンiPod Duckコネクターに接続。つぎに、ファブリックインターフェースのKeylock/Track Forwardボタンを3〜4秒押し、ロックを解除した後は通常のiPodと同様に操作ができる。

 価格は2万4150円、サイズはXS、S 、Mの3サイズ。ポリアミド84%、スパンデックス16%の素材で、色はブラックとなっている。iPodとコネクターボックス以外は手洗い、またはマシンウォッシャブルが可能。また、初回限定版として、世界600枚限定の「Limited 1st Editon」には、証明書とシリアルナンバーが入る。

-PR-企画特集