ユビキタス技術でタウン内のアート作品を紹介するツアー--東京ミッドタウン

ニューズフロント2007年06月12日 16時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京ミッドタウンは6月13日から、ユビキタス技術を利用して、敷地内に展示したオブジェや建築デザインを紹介するツアー「ユビキタス・アートツアー」を開始する。ツアー参加者に貸し出すポータブルの情報端末(コミュニケータ)が経路を案内し、各アート作品の前で音声と映像を交えた解説を行う。

 ツアーに使うシステムは、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所と共同開発した。東京ミッドタウンの約500カ所に位置情報の発信端末(マーカー)を設置。ガレリア3階の「東京ミッドタウン デザインショップ」で、マーカーと連動するコミュニケータを有料貸し出しする。

 ツアー参加者はコミュニケータの誘導に従って展示場所を巡回し、作品の概要や、制作風景、作家インタビューの録画を視聴できる。東京ミッドタウン全体をカバーした120分コースや、30分のハイライトコースなど7つのコースを選択可能。日本語のほか、英語、フランス語、中国語、韓国語に対応する。

 ツアーのシステムは、東京都がYRPユビキタス・ネットワーキング研究所と協力して推進する「東京ユビキタス計画」とも連携しており、今後、東京ミッドタウン周辺地域への展開も検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加