アップル、「Quicktime 7.1.6」用のセキュリティアップデートを公開

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年05月30日 11時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間5月29日、「Quicktime 7.1.6」のセキュリティアップデートをリリースした。このアップデートは、4月に開催された「CanSecWest 2007」の「PWN 2 0WN」コンテストで、あるセキュリティ研究者が初めて明らかにした脆弱性をさらに取り除くものとなっている。この研究者は、これを受けコンテストで1万ドルの賞金と新しい「Macbook」を獲得している。

 今回のセキュリティアップデートは、Quicktime 7.1.6として2007年5月1日にリリースされたその脆弱性に対するパッチを補完するものとなっている。Windows版Quicktime 7.1.6のアップデートは、容量が1.1Mバイトで「Windows 2000 SP4」と「Windows XP SP2」のユーザーを対象にしている。Mac版Quicktime 7.1.6のアップデートは、容量が1.4Mバイトで「Mac OS X v10.3.9」および「Mac OS X v10.4.9」のユーザーが対象となっている。

 「CVE-2007-2175」の説明によれば、攻撃者がこの脆弱性を悪用すると、ユーザーを悪質なJavaアプレットの仕組まれたウェブサイトにアクセスさせ、障害の起きたマシン上で攻撃コードを実行できるようになるという。Appleによる今回のセキュリティアップデートは、ウェブブラウザの「Safari」や「Firefox」に組み込まれた「Apple Quicktime Java」機能拡張にある「QTPointerRef」オブジェクトのパラメータにさらに制限を加え、この種の攻撃を阻止する。Appleでは、TippingPointやZero Day Initiativeと協力してこの問題解決に助力したセキュリティ研究者のDino Dai Zovi氏に感謝の意を表している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加