IBM、間もなく「POWER6」プロセッサ搭載サーバをリリースへ

文:Michael Kanellos(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年05月18日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間5月22日、同社の「POWER6」プロセッサを初めて搭載した次世代UNIXサーバをリリースする予定だという。この計画に詳しい消息筋が述べている。

 予定はだいぶ遅れたが、リリースの決定は朗報と言える。IBMは2004年に、2006年にはPOWER6プロセッサを出荷すると述べていた。

 消息筋によると、2007年前半にリリースされるPOWER6ベースのミッドレンジサーバは1種類だけだが、後半になればさらに新製品が出てくると話している。

 POWER6搭載サーバは、「POWER5+」搭載サーバより多くのチップを搭載することができる。搭載可能なチップ数は、POWER5+搭載サーバが32個、POWER6搭載サーバは64個となっている。

 POWER6チップは、「POWER5」やより新しいPOWER5+チップと同様、2つのプロセッシングコアエンジンを備え、各コアがスレッドと呼ばれる命令シーケンスを2つ同時に実行できる(最初のサーバ向けデュアルコアチップであったPOWER4も2つのコアを持っていたが、各コアは1つのスレッドしか実行できなかった)。だが、POWER6のクロック周波数は4GHz〜5GHzで、POWER5+の2倍に達し、高パフォーマンス環境では5GHzを超えるとされている。

 2つのプロセッシングコアエンジンを備え、各コアがスレッドと呼ばれる命令シーケンスを2つ同時に実行できる点は、「POWER5」やより新しいPOWER5+チップも、POWER6チップも同じである(最初のサーバ向けデュアルコアチップであったPOWER4も2つのコアを持っていたが、各コアは1つのスレッドしか実行できなかった)。だが、POWER6のクロック周波数は4GHz〜5GHzで、POWER5+の2倍に達し、高パフォーマンス環境では5GHzを超えるとされている。

 POWER6チップには、現在は生産が段階的に中止されている「PowerPC 970」プロセッサでも使われていた、マルチメディアエクステンションである「AltiVec」が実装されている。IBMのブレードサーバやAppleのコンピュータは、以前は全面的にPowerPC 970を採用していたが、AppleはIntelに乗り換えてしまった。IBMは、今後はブレードサーバにPOWER6を利用していくという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加