logo

グーグル、AdWords Editorに新機能--イメージ広告の編集が可能に

鳴海淳義(編集部)2007年05月11日 16時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは5月10日、無料のデスクトップ用アカウント管理ソフト「AdWords Editor」に新機能を追加し、Ver3.5として公開した。イメージ広告の編集やターゲット地域の細分化などが可能となった。

 AdWords Editorは広告の管理を簡単に行うためのソフトで、PCにインストールするとオフライン作業で広告を編集できる。Ver3.5はイメージ広告の編集機能を搭載しており、画像の設定をAdWords Editor上から行えるようになった。複数のイメージ広告をAdWords Editorで設定・保存し、一括して更新することも可能。従来版にはイメージ広告を設定する機能がなかったため、ブラウザを開いて管理画面から画像を更新する必要があった。

 広告のターゲット地域には、より狭い地域や都市を設定できるようになった。地域別の広告を掲載したりすることも可能となり、国レベルでしか設定ができなかった従来版から機能が向上している。

 操作性も改善されている。新規の広告を作成する際に、従来作成されている広告をドラッグ&ドロップでコピーし、編集して利用することが可能となった。

-PR-企画特集