logo

これが「iPhone 2.0」?--アップルの特許申請が公開に

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年05月11日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneの発売を前に、Appleの次の動きを示唆する特許申請書類が公開された。

 申請文書(われわれはCrunchGearからもリンクを張られているUnwired View経由でこの情報を得た)には、iPod Nanoの背面にタッチスクリーンが搭載されたような絵が描かれている。iPhoneで使われるタッチスクリーンのインターフェースが搭載され、オプションでQWERTYキーボードや電話帳ダイヤラーを表示することができるようだ。この文書は、次のiPhoneが、現在発表されているものより、薄型で小さくなる可能性があることを示している。

 むろん特許申請された技術が必ずしも製品化に結びつくとは限らない。だが、秘密主義を貫くAppleが何を考えているのかを知るうえで、こうした資料はよいヒントになってきたことも事実だ。Appleが申請した電話機の特許は、過去にも何度か明らかになっており、外装素材としてジルコニアを使用したiPhoneが登場するのではないかという憶測も流れている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集