インサイダー取引の疑いで香港の夫婦を提訴--ダウ・ジョーンズの買収案件をめぐり

尾本香里(編集部)2007年05月09日 19時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Rupert Murdoch氏率いるNews Corp.がWall Street Journalを発行するDow Jonesに大規模な買収提案をした件について、米証券取引委員会(SEC)は米国時間5月8日、インサイダー取引の疑いがあるとして、香港在住のKan King Wong、Charlotte Ka On Wong Leung夫妻をニューヨーク南部地方裁判所に提訴したことを明らかにした。

 SECの訴状によると、夫妻は4月13日から30日にかけて、Dow Jonesの普通株41万5000株を約1500万ドルで購入したという。5月1日になり、News Corp.が全額現金、もしくは現金とNews Corp.保有の有価証券を組み合わせる形で、Dow Jonesのすべての発行済み株式を1株あたり60ドルで買い取る提案を行ったことを正式に認めると、Dow Jonesの株価は58%上昇した。夫妻は5月4日になって、すべての株式を総額約2300万ドルで売却し、800万ドルの利益を得たとされている。

 訴状では、夫妻がどのように非公開の情報を得たのかは明らかにされていない。

 SECは本訴訟で、利益の返還や制裁金の支払いなどを求めている。ニューヨーク南部地裁は提訴を受け、夫妻の資産を凍結する命令を出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加