logo

auからも登場!液晶回転AQUOSケータイ--「W51SH」 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
au
内容:最近、シャープのケータイが熱い。ソフトバンクでは主要機種を占め、ドコモのケータイでも一定の人気を獲得、メーカー別シェアでも躍進著しい。そんな中、auにも昨年からシャープ製携帯電話が登場、2年目となる今年投入のモデルは、ソフトバンクで大評判となった液晶が回転するタイプのワンセグケータイだ。

液晶回転だけでなく、液晶そのものがAQUOSだ

 W51SHに搭載する画面は、回転機構が注目されがちだが、シャープの液晶テレビ「AQUOS」のブランドも持つモバイルASV液晶となっている。ただ、残念ながらワンセグの映像はもともとの解像度が粗く、動きもスムーズなものではないたら、液晶本来の性能を論じるほどクオリティの高いものではない。

 それでも、液晶テレビ「AQUOS」の液晶技術を活かしたというモバイルASV液晶はもちろん「SVエンジン」「6色カラーフィルター」「明るさセンサー」をなどを採用、ワンセグの放送や、静止画を見た限りでは、特に気になるところは感じられず、色も良好だ。

 ただ、現在ではワンセグケータイも豊富。それぞれの機種を同時に比べてみると、色調も実にさまざま。一概にどの製品が良いかという問題ではなく、まさに好みの問題だろう。

 液晶ではもう1つポイントがある。最近のau携帯電話はサブディスプレイにモノクロ液晶を採用し、時計などの情報を常に表示できる。W51SHも同様で、閉じた状態でも日付や時間、電波状態、電池残量を常に確認可能となっている。

  • 液晶画面はワイドQVGAサイズ

  • 待ち受け画面はデフォルト状態では毎回変化する

  • ワンセグは横画面でこのように写る。全画面表示も可能

  • 横画面で視聴中

  • 横画面で視聴の状態を裏側からみるとこうなる

  • サブ液晶はモノクロのため、常時情報を表示可能

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]