am/pm、来店促進にモバイルSNSを活用--ケイタイ広告と業務提携

永井美智子(編集部)2007年04月27日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エーエム・ピーエム・ジャパン(am/pm)とケイタイ広告は4月27日、業務提携に合意した。携帯電話を活用したam/pmへの来店を促すサービスや、モバイルソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の開発などを共同で行う。

 am/pmが運営するモバイルサイト上でクーポンや新商品情報などを提供する。店舗ごとにサイトを開設し、各店舗のおすすめ情報や地域情報などを提供して、より消費者が身近な情報を手に入れられるようにする。また、SNSを開設して、店舗と利用者、もしくは利用者同士でコミュニケーションができるようにする。

 am/pmは、コンビニエンスストア業界で店舗数が第8位の中堅事業者。特に東京都心部の港区や千代田区、渋谷区などに多くの店舗を持つ。一方のケイタイ広告は、博報堂出身の小野達人氏が2003年に設立したベンチャー企業で、雑誌の無料サイト「ケイマガ」を運営している。

 今回のam/pmのモバイルサイトは、ケイタイ広告のケイマガで利用しているコンテンツマネジメントシステムを利用する。ケイタイ広告は無料でam/pmのモバイルサイトを制作し、サイトに掲載された広告の売上を両社で折半する。広告主としては、飲料などの消費財メーカーのほか、各店舗の周辺に出店しているチェーン店などを想定している。

 今後は両社でam/pmへの来店促進をサポートするモバイルCRMの開発や、ケイマガを利用したam/pmで販売される雑誌の販売促進、モバイルSNSの開発などをしていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加