Windows Liveの地図検索がアップデート--面積表示などに対応

鳴海淳義(編集部)2007年04月04日 20時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Liveの地図検索サービスが4月4日にアップデートし、描画ツールによる面積表示、コレクションのRSSフィード取得機能などが追加された。

 これまでもスクラッチパッドにある描画ツールを使用して地図上に旅行の軌跡や予定ルートを描いたり、特定の領域を線で囲むことができたが、今回のアップデートにより、囲んだエリアの面積表示も可能となった(IEのみ対応)。

Windows live.jpg線で囲んだ地域の面積を表示できる

 またコレクションがRSSフィードに対応したことで、他ユーザーが作成したコレクションの更新内容をRSSリーダーで受け取れるようになった。

 そのほか、郵便番号による検索機能やスクラッチパッドに保存したアイテムの並び替えなどに対応している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加