KDDI、au携帯電話を屋内電話の子機として使える小規模事業所向けサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、無線LANケータイ「E02SA」を活用した無線LANセット「ケータイdeコードレスセット」を、小規模事業所向けに5月上旬から提供開始する。

 ケータイdeコードレスセットは、一般加入電話回線を無線ブロードバンドルータ「SR-53V」に接続することで、E02SAを事務所では電話機の子機として、外出時には通常のau携帯電話として使い分けることができる。これにより、事業所内の一般加入電話にかかってきた電話をその場で受けられ、取次ぎが不要になるなど、業務の効率化が図れる。E02SAは2台から6台まで利用可能。

 KDDIは、ケータイdeコードレスセットの提供によって、これまで提供している大規模事業所向けの「OFFICE WISE」、中規模事業所向けの「OFFICE FREEDOM」「OFFIMO」と合わせ、すべての法人向けにサービスを提供できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加