VGA&ワンセグ&高速通信の多機能携帯電話--ソフトバンクモバイル「911T」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクモバイル
内容:ソフトバンクモバイルの携帯電話の中でも、最新機能のワンセグとVGA液晶を2つ同時搭載しているのが東芝の911Tだ。実はすでにワンセグもVGA液晶もシャープ製の搭載機種があるが、同時搭載している機種はなかった。高機能を求めるユーザーから注目の機種、911Tをチェックしてみた。

シャープの独断場に東芝が殴り込み!?

 ソフトバンクモバイルの携帯電話といえば、シャープ製か海外ブランド製品しかないのではないかと思えてしまうのが現状。テレビCMでは“予想外の動きをするケータイ”としてシャープ製のワンセグ対応機が取り上げられたり、20色のラインアップを持つ携帯電話もシャープ製。あまり目立たないものの過去数機種のVGA液晶搭載機種もすべてシャープ製だった。

 そんなところに東芝の911Tが登場した。シャープ製では1機種に同時搭載されることのなかったワンセグとVGA液晶を同時搭載、液晶はVGA解像度ではとどまらず、横にもう少し広いワイドVGAで解像度は800×480ドットである。

 その上、3Gハイスピードに対応し、下り最大3.6Mbpsでの通信が可能でシャープ製ではなしえなかった高機能の“全部入り”を実現している。

  • SoftBank 911T、東芝製の携帯電話。写真はホワイトだが、合計4色から選ぶことができる

  • キーボードはスライドさせると登場する

  • 右側面には操作ボタンが並ぶ。閉じたときでも誤ってボタンが押されてもよいよう「HOLD」スイッチがある

  • 左側面はボタンなどがない。卓上ホルダ用の接点などがある

  • 上側には赤外線ポートとテレビ受信用のアンテナがある

  • 下側には通信や充電などに使うコネクタがある

  • 背面にはカメラとステレオスピーカーがある

  • キーボードはフラットのため、指先でキー位置を感じることはできず、キーを見ながらでないと操作できない

  • アンテナはワンセグのテレビ受信用。折れ曲がるため位置も自由に決められる

  • 外部メモリはmicroSDカード

  • イヤホンマイクは標準的な平型端子となっている

  • データ通信や充電のコネクターは下側に装備している

  • カメラはオートフォーカス機構付きの3.2メガピクセルタイプ

  • FeliCaの利用には背面のこの位置を利用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加