logo

マイクロソフト、ダブルクリックを買収か--ウォールストリート・ジャーナル報道

河部恭紀、尾本香里(編集部)2007年03月29日 14時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン広告会社のDoubleClickが身売りを検討しており、Microsoftを含めた企業と交渉中であることを関係筋の話としてオンライン版のThe Wall Street Journalが伝えている。

 同サイトの報道によると、ニューヨークに拠点を置くDoubleClickは、投資銀行Morgan Stanleyの支援の下、さまざまなオプションを打診中であるという。同社を傘下に持つプライベートエクイティ投資会社Hellman & Friedmanは、売却金額として20億ドル以上を考えているそうだ。Hellman & Friedmanは2005年に11億ドルでDoubleClickを買収している。

 今回のような憶測が流れるのは、Microsoftがオンライン広告市場でGoogleと戦っていくための策を探し求めているからである。以前には、MicrosoftがGoogleに対抗するため、Yahooの買収を検討していたとの憶測が流れたこともあった。米ZDNet.comのエグゼクティブエディターLarry DignanはBetween the Linesブログで、DoubleClickには再び上場することも含め、さまざまな選択肢があるとしたうえで、MicrosoftによるDoubleClick買収は以下の点で理に適っていると述べている。

  • 広告配信とトラッキング機能を提供するDoubleClickの買収は、GoogleにもYahooにも遅れをとるMicrosoftのAdcenterを強化するうえで役に立つ。
  • DoubleClickを取得すれば、Microsoftのオンライン広告市場シェアが大幅に増える。
  • Microsoftの経営陣に、オンライン広告に詳しい人間を加えることが可能になる。
  • DoubleClick側もパートナーを必要としている(The Wall Street Journalは、GoogleがDoubleClickに対抗するサービスを今後数週間のうちに発表すると述べている)。

-PR-企画特集