松下、ネットワーク接続事業のhi-hoをIIJに売却へ

永井美智子(編集部)2007年03月26日 15時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業がインターネット接続事業から撤退する方針を固めた。子会社のパナソニック ネットワークサービシズが運営する「hi-ho」をインターネットイニシアティブ(IIJ)に売却する。

 両社は来週にも正式に発表する見通し。松下電器は2006年8月にケーブルテレビ事業者のケーブルウエストの株式をジュピターテレコムに売却するなど、通信事業からの撤退を進めており、エレクトロニクス事業への事業集中を進める。

 hi-hoの会員数は明らかにしていないが、30万人超とみられ、シェアは低迷していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加