logo

ゲームデザイナーW・ライト氏が語る「SPORE」とストーリーテリング - (page 2)

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:向井朋子、小林理子2007年03月22日 17時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 基本的にプレーヤーは、SPOREによって進化を玩具バージョンで体験できるのだと、同氏は論じた。

 Wright氏のこの日の基調講演は、「どんなときも一番のお気に入りのロボットの1つ」だという「ハッブル宇宙望遠鏡」から撮影された写真を披露することから始まった。

 それからおよそ30分間、Wright氏は聴衆に向かって、インタラクティブな(すなわち、ビデオゲームの)ストーリーテリングの哲学を論じ、それが映画の哲学とどう異なるかについて矢継ぎ早に語った。

 Wright氏は、自分にとってストーリーを展開していくうえで最も重要な要素は共感であり、それこそ映画が巧みに築きあげているものだと語った。

 だがさらに、ビデオゲームは映画にはできない方法で、自尊心や罪の意識を伝えることができると、Wright氏は続ける。

 「(ビデオゲームの)『Black and White』をプレーして、どんな気持ちになるかを実感したくて自分のキャラクターを叩きのめしたことがある。映画を見ていて罪悪感を抱いたことなど一度もない」と、Wright氏は言う。

 大事なのは、ゲームではより主体的に動かざるを得なくなる点だと述べて、Wright氏は「画面上で展開していることは、自分が引き起こしているのだ」と語った。

 それでもなお、どんな種類であっても物語というものは、それを見たり読んだりしている人々に「可能性の宇宙」を開くことができるのだともWright氏は言う。

 その例としてWright氏は、映画「レイダース/失われたアーク(聖櫃)」の中の、考古学者インディ・ジョーンズが転がる巨石から走って逃げる有名な場面をあげた。

 「もし彼が転んだり、穴に落ちたりしたらどうなるだろう?」とWright氏は問いかける。われわれは、「映画の中では起きていない、こうしたちょっとした可能性を想像している」

 さらに、インタラクティブなストーリーの作り手が苦心していることは、おそらく、できるだけ豊かで多様な感情を経験できるようプレーヤーを導く形でイベントの因果連鎖を提供することだと、Wright氏は示唆している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]