今度はカナル! ビクターのノイキャンヘッドフォン「HP-NCX77」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビクター
内容:怒濤の新製品ラッシュで、一気に市民権を獲得したノイズキャンセリングヘッドフォン。既にオーバーヘッドタイプを発売しているビクターから、コンパクトサイズでポータビリティに優れたカナル型が登場した。軽量、小型ボディで通勤・通学のお供はこれに決定!?

カナル&ノイキャンでモバイル性の高いポータブルヘッドフォン

  • 耳の角度に合わせたインナー形状で外れにくい。イヤーピースは簡単に取り外しができ、付け替えられる

 ノイズキャンセリングヘッドフォンの実力は、いくつかの対応ヘッドフォンで、経験してきたのだが、オーバーヘッドタイプの大きさから持ち運ぶのにとまどってしまっていた。

 そういったポータビリティの問題から、ついつい普段使いしているのは、カナルタイプのヘッドフォンである。カナルタイプは、インナーイヤータイプの中でも密閉度が高く、音を多少大きくしていれば、周囲の音を気にせず使用できてしまうので、ノイズキャンセリング機能の必要性をあまり感じていなかった。しかし、その分耳に負担をかけていたのも事実である。

 やはり、ノイズキャンセル機能は、必須だと考えを改めようとしたところ、今回のレビュー依頼が舞い込んできた。カナル型のノイズキャンセリングヘッドフォンなら、現在、懸念されていることが一気に解消されるではないか。

 今回、紹介する「HP-NCX77」は、わずか48g(単4乾電池含む)とかなり軽い。ヘッドフォンとは別となっているユニットも小型で、ポケットに入れても違和感がない。これであれば、今使っているヘッドフォンから切り替えても使い勝手はそう変わらないだろう。軽量サイズからスーツの胸ポケットに入れても型崩れの心配はなさそうだ。

  • ユニットのサイドに、電源スイッチとボリュームコントロールを装備。電源を入れるとユニット正面中央部のLEDが赤く光る。

  • 背面には、クリップが付いている。服の襟やポケットのフチを挟み込んで固定させられる

  • 背面に電池ボックスを配置。単4電池1本で稼動する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加