logo

位置情報が取得可能なPSPソフト「みんなの地図2」--ソーシャル地図サイトと連動

エースラッシュ2007年03月15日 19時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンリンとソニースタイル・ジャパンは3月15日、携帯ゲーム機PSP向けの地図ソフト「みんなの地図2」を、4月26日に発売すると発表した。

 みんなの地図2は、PSPに接続するGPSレシーバー「PSP-290」に対応した地図ソフト。ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発した、無線LANの電波状況から現在位置を特定する「PlaceEngine」を搭載している。これらの位置情報取得機能を利用して、現在位置に近いスポットを検索する最寄検索なども可能になった。前作と比べて地図色切り替えが6種類に増えており、ガイド情報については前作で購入したものを移行可能となっている。

 また、ソニースタイル・ジャパンが同日に公開したソーシャルマップサービス「PetaMap(ペタマップ)」(ベータ版)に連動する。みんなの地図2で作成したMyスポット情報をPetaMapにアップロードして公開することが可能だ。また、PetaMapから取得した情報をメモリースティック経由で取り込み、みんなの地図2上でガイド情報として利用することもできる。

 なお、PetaMapのWebサービスには、コネクティが開発するポータル構築エンジン「Connecty Web Processor」が採用されている。

 価格は、GPSレシーバー同梱版が9975円、ソフトウェア単品版の価格は5040円となっている。

-PR-企画特集