logo

大日本印刷、DM作成のために預かった43社の個人情報864万件が流出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP)は3月12日、ダイレクトメール(DM)などの印刷物作成のために得意先から預かった個人情報863万7405件が流出していたことが判明したと発表した。

 DNPは2月20日にも、販促用DMの作成のためにジャックスから預かった個人情報15万件が業務委託先の元社員により不正に持ち出され、インターネット通販詐欺グループに売り渡されて、49会員に667万2989円の被害が発生したと発表している。

 今回の個人情報流出は、その後の社内調査によって判明したもので、ジャックスだけでなく、アメリカンホーム保険やUFJニコスなど43社の個人情報863万7405件が持ち出されていたことが明らかになった。流出した個人情報の内容は、住所、氏名だけのものから、保険証券番号やクレジットカード番号を含むものまで、会社によって異なっている。

 今回流出した個人情報の中には、得意先が過去に流出を公表している事案のデータと一致するものが含まれており、これらの事案については、すでにそれぞれの得意先により安全対策が完了しているという。また、持ち出されたデータは、捜査の過程ですべて押収されており、第三者に渡った可能性は確認されていないとしている。

 個人情報流出の対象となった会社のうち、DNPが発表しているのは以下の18社、580万9224件。

  • アメリカンホーム保険:150万4857件
  • イオン:58万1293件
  • NECビッグローブ:21万4487件
  • NTTファイナンス:64万225件
  • カルピス:19万5552件
  • 近畿日本ツーリスト:6万5043件
  • KDDI:11万3696件
  • 京葉銀行:5万6478件
  • ジャックス:15万件(公表済み)
  • ソネットエンタテインメント:5万9026件
  • 千葉トヨタ自動車:2万2788件
  • ディーシーカード:33万7480件(うち1万6488件を除き公表済み)
  • トヨタカローラ神奈川:4万3953件
  • トヨタ自動車:27万3277件
  • ニフティ:3万3318件
  • 日本ヒューレット・パッカード:16万3111件
  • 弥生:16万4304件(公表済み)
  • UFJニコス:119万336件(うち9万9789件は公表済み)

-PR-企画特集