脅威トップ10上位をフィッシングが占める--フォーティネット調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーティネットジャパンは3月7日、2007年2月のウイルス対処レポートを発表した。フォーティネットの「FortiGate」セキュリティアプライアンスが発見した脅威のトップ10を算出したもの。

 発表によると、1位は「HTML/BankFraud.E!phish」(7.97%)、2位は「HTML/Volksbanken!phish」(6.96%)、3位は「HTML/BankFraud.OD!phish」(3.91%)と、フィッシングスパムが上位を占めた。

 FortiGateは複数の検知パターンを持つため、BankFraud.ODやBankfraud.Eは、ベイジアンフィルタをだますためのコンテンツを含むコンテンツを発見するために、「ゆるやか」な検知パターンとなっている。一方、HTML/Volksbanken!phishはドイツの「フォルクス」銀行をターゲットにしたフィッシングメールを止めることに徹底的に特化した検知パターンとなっている。

 4位の「W32/Tibs.gen」(3.91%)および5位の「W32/Netsky.P@mm」(2.61%)はともにワームであり、特に2月8日を中心に大量に観測されたTibsは、2月は1種類の攻撃が目立ったが、すでに36種類の亜種が確認されている。また、Netskyはすでに古いワームといえるが、いまだに低いながらも安定した「残留活動」になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加