logo

ソニー、動画も見られる「ウォークマン NW-A800シリーズ」--H.264にも対応

エースラッシュ2007年03月07日 20時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月7日、軽量ボディーに2.0型カラー液晶を搭載したビデオ再生対応の「ウォークマン NW-A800シリーズ」3機種を発表した。3月21日より発売する.

 今回発売されるのは、8Gバイトのフラッシュメモリを内蔵した「NW-A808」、4Gバイトの「NW-A806」、2Gバイトの「NW-A805」という3機種。いずれも最薄部8.3mm、重さ約53gというコンパクトなボディーに、QVGA表示の高精細な2.0型カラー液晶を搭載しており、インターネット上で配信されている動画やパソコンで録画したテレビ番組、デジタルビデオで撮影した動画などをパソコン経由で転送し、再生できる。

 動画再生は、AVC(H.264/AVC)Baseline Profile形式とMPEG-4形式に対応。動画を見やすく一覧化したビデオライブラリ表示が可能なほか、再生中の早送りや巻き戻し、拡大表示も行える。内蔵充電池使用時の再生時間は、音楽再生時が約30時間、動画再生時が約8時間。広帯域再生と広ダイナミックレンジを実現する「大口径13.5mm EXヘッドホン」も付属する。

 本体カラーは、NW-A808がバイオレットとブラックの2種類、NW-A806とNW-A805はバイオレット、ブラック、ホワイト、ピンクの4種類がラインアップされている。価格についてはオープン価格だ。なお、本体カラーがシルバーのソニースタイル限定モデル「NW-A808/S」も同日より3万2800円で発売される。

 そのほか、ソネットエンタテインメントでは発売日当日より、ウォークマン NW-A800シリーズ専用ブラウザを立ち上げ、ダウンロードボタンを押すだけで簡単に転送できる無料映像配信サービス「P-TV for WALKMAN」を開始する。これは、現在PSPやPS3向けに展開している「Portable TV」のウォークマン対応型サービスで、サービス提供開始時は「スパイダーマン3」や音楽DVD「Jeff Mills Live - Blue Potential」といった予告編映像、宮沢賢治原作の映像絵本「注文の多い料理店」など合計約50タイトルを配信する予定だ。対応コーデックはAVC(H.264/AVC) Baseline Profileで、サイズは1ファイルあたり最大2Gバイト程度になる予定。

ウォークマン NW-A800シリーズ 「ウォークマン NW-A800シリーズ」

-PR-企画特集