日本でもSecond Lifeでの音楽プロモーション始まる--第1弾は吉井和哉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝EMIの制作・宣伝部門であるVirgin Music Co.は、米Linden Labが運営する仮想世界「Second Life」において、3月中旬からウェブプロモーション活動を開始する。

 今回のプロモーションでは、Second Life内にロビー、ホール、試聴コーナー、コミュニティラウンジからなる建物を設置し、所属アーティストのプロモーションを中心とした無料コンテンツを提供する。

 試聴コーナーでは、設置された36台の試聴機で所属アーティストの紹介、楽曲試聴、プロモーションビデオ、ライブ映像、発売告知CMなどを楽しむことができる。コミュニティラウンジでは、訪問者同士の交流も可能となっている。その他、アーティストのウェブページなどへの誘導、QRコードを使ったモバイルサイトや着うた販売サイトへのリンクなど、従来のデジタルプロモーションも活用しつつ、新たなプロモーションの場としてさまざまな試みを展開するとしている。

 また、プレオープンイベントとして、3月10日と11日に、抽選による50人限定で吉井和哉(元THE YELLOW MONKEY)のライブ映像先行視聴イベントを行う。当選者はSecond Life内の建物に併設された特設ホールの大型スクリーンで、4月4日発売のLIVE DVD「THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budokan」から「SPARK」1曲をフルサイズで視聴できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加